FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

朱に交われば赤くなる

今日は「朱に交われば赤くなる」と題して書こうと思う。

私は以前、2017年9月18日付の記事で、「【真相スクープ】点と点が線でつながってしまった」と題して書いた。その記事で私はお父様のみ言を次のように引用した。

「最近では、共産主義者たちの悪だくみによって私の手を離れたワシントン・タイムズも再び戻ってきました。これが奇跡でなくて何が奇跡というのでしょうか?」(引用元:リンク

このみ言は2010年に「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」で語られた一部分である。三男様が売りに出したワシントン・タイムズをお父様が取り戻され、「これが奇跡でなくて何が奇跡というのでしょうか?」と語っておられる内容である。お父様はそのことを「共産主義者たちの悪だくみ」によるものであると表現され、語られた。

私が書いた記事には、「共産主義たちの悪だくみ」を中心に論証し、「点と点が線で繋がった」理由を具体的に述べ、三男様団体と左翼団体が繋がっていると主張した。

実際に、2013年11月16日、東京の日本プレスセンターで、三男様団体の「統一を実践する人たち(AKU)」と民団の主催で「2013韓日平和シンポジウム」が開催された。そのセミナーに「小池晃・日本共産党議員(当時、党副委員長)が参加し、祝辞を述べた。(参照:リンク

222222aa.jpg

このセミナーを通じて、三男様団体「統一を実践する人たち(AKU)」は左翼系の「朱に交わる」ようになっていった。

それから足掛け7年、2019年現在、三男様団体はどのような状況となっているのか。

韓半島で3・1独立運動が始まり100周年を迎える2019年、三男様団体は「ONEKコンサート」を開催し、平素から平和のために歩んでいる市民活動家合唱団に労いの場を提供した。これこそ、2013年に左翼思想を背景とした共産党系と「朱に交わる」ことによって、三男様も同じく「赤くなる」団体へと豹変してしまった。結局のところ、三男様が訴える‟平和運動〟には左翼運動家が共鳴し、共に活動するようになったのである。

では、一体、誰が三男様を「朱に交われば赤くなる」ようにさせたのか。それは、三男様に従う幹部たちである。彼らが三男様を「赤くなる」ようにさせた元凶である。

したがって、三男様が「神主義」を訴えており、共産主義や左翼思想を否定した考えを持っているならば、三男様団体の幹部は一刻も早く、方向転換しなければならない。すなわち、お母様と共に方向性を一致させ、行動を共にすべきである。

このままでは、三男様団体の幹部が、自らの生活の糧のために、三男様を利用する存在であると言われても仕方がない。


三男派・七男派のブログ記事に騙されるな!

三男様共産系平和運動展開(参照はこちら
三男様団体は極めて危険な団体

いつも応援ありがとうございます。

【家庭連合】のボタンを押すと幸せが訪れます!
左のボタンです。

665544311.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。