Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1968年1月1日50年後の2018年(天暦1月1日)

日本は陽暦を中心として2018年という新年を迎えた。しかし、韓国を始め、家庭連合の教会暦は天暦(陰暦)を中心として動いている。よって、実際には2018年の新しい出発とはなっていない。

では、2018年天暦1月1日はいつなのか?陽暦2月16日である。その日は第51回目の天の父母様の日を迎える名節である。

実は、天の父母様の日を迎える為にも、知っておくべき歴史的事実がある。それは、第1回目の神の日の出来事である。

1968年1月1日に第1回神様の日を天上天下に宣布することができた歴史的な日である。

では、その日について、真の御父母様の生涯路程⑤を引用してみる。(引用リンク

一九六八年一月一日は、神様が地上において創造理想を中心として願われていた日です。すなわち、神様を中心としてアダムとエバが一つの体となり、愛を中心として初めて神様が地上に着陸できる、歴史始まって以来初めての喜ばしい日です。

『神の日』とは何か分かりますか。この世の何が反対し、何がどうしようとも、お母様の夫に対する心は変わらないというのです。死のうが、生きようが、夫の行く道を行こうということに変わりはないというのです。どんなに国が反対し、どんなに殺されるような目に遭ったとしてもそれを覚悟して行かなくてはならないのです。エバが信じることができない立場で堕落したので、お母様は神様が信じることができる立場に立たなければならず、同時に、夫が一〇〇パーセント信じることのできる立場に立たなければならないのです。

神の日の宣布の背後には、真のお母様の涙の歩みと勝利があったからなされたのである。すなわち、「お母様は神様が信じることができる立場」に立たなければならず、「夫(真のお父様)が一〇〇パーセント(お母様を)信じることのできる立場」に立たなければならなかったのである。

1960年の聖婚後7年路程は、真のお母様の歩みを知らずしては語ることもできないし、神の日の宣布においても、真のお母様の勝利の歩みを知らずしては、その日を迎えることも出来ないと思っている。

私は、今回のアフリカサミットの大勝利の映像を見ながら、1986年1月1日神の日の勝利から50年後の2018年、真のお母様は、天のみ旨の為に絶対不変のお姿で歩まれている事実を知り、人類の真の母の姿を発見できた。偉大なる真の母の姿であった。

アフリカサミットの大勝利が私において、新たな転換点となってしまった。

1968年から50年、絶対信仰、絶対愛、絶対服従で歩まれる真のお母様の完全勝利宣布!億万歳!!!

2018年の新たな出発である。よって、私は次のように決意した。

今まで、趣味として個人的に行ってきたブログ活動(家庭連合を惑わす分派活動をみ言で成敗する)を終えることにする。

真のお母様の2017年の勝利的歩みと、今回のアフリカサミットの大勝利で新しい時代へと突入したと感じたので、今からは、真のお母様の真実を伝えることがより重要だと悟ってしまった。

だから、分派などを話題にする必要も意味もないと感じた。かえって、自分自身、目障りに思えてきた。

ちなみに、アフリカサミットのダイジェスト版はこちら


そうなると、このブログの使命は終わりの時が来たと悟った。よって、この記事でもってブログ活動を辞め、数日後にはブログ村から卒業することにした。

今までつたないブログ記事を応援して下さった方に感謝しています。ありがとうございました。

最後に、三男派の主張には騙されるな!

いつも応援ありがとうございました。
【家庭連合】のボタンを押すと幸せが訪れます!

左のボタンです。

665544311.jpg

【拍手】のボタンもお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

☆ 分派活動状況 ☆

☆分派(UCI・FPA)ブログ一覧☆ ★師観 ★kimich  ★cocoa ★パシセラ  ★コスモス ★HOPE  ★ヨンギ ★経典の秘密  ★評議会 ★日本人家庭教会 ★預言者mebiusu  ★ある先輩家庭 ★tomutmud  ★今日の訓読のみ言 ★文顕進様有志会  ★原理を愛した方 ★その他

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。