FC2ブログ

Entries

2018年、三男様に感謝と決意をしているFPA幹部を見てみたい!

今日は、「2018年、三男様に感謝と決意をしているFPA幹部を見てみたい!」と題して書くことにする。

FPAの主要メンバーたちは2017年12月2日のFPA創設大会勝利の為に、あらゆることをしながら工作活動を展開していた。

しかし、その創設大会以降、ネット上で静かなぐらい、動きがない。不気味なほどである。どこに行ってしまったのか?

ネット上での動きが読めないので、2018年をどのようにありとあらゆることを仕掛けてくるのか見当がつかない。

ひょっとしたら、嵐の前の静けさという状況なのか?

ちなみに、2018年が出発して、三男様を中心としたFPAの幹部たちはどのような決意をもって出発しているのだろうか?

三男派系はブログやネットを通じて家庭連合批判は巧みに行うが、FPA団体の広報活動はそっちのけである。

そんなんでいいのかい?

ところで、家庭連合は、真の父母様を中心に神韓国家庭連合、神日本家庭連合、神米国家庭連合が三位一体となり、2018年に対する決意表明をしていた。すごく勢いを感じる。何かが起こりそうな1年という気持ちになった。



以下、週刊ブリーフィングでの部分をディクテーションした。文章と一緒に映像も見てほしい。5分6秒~7分35秒の部分である。

sidousya.jpg

「新年特別集会を通じて、新しい時代の創造を締めくくられた真の父母様は翌朝、指導者たちと朝餐の時間を共に過ごされました。韓日米の各地区を三位基台として結び、1つとなる和合の時代を開いてくださった真の父母様、私たちの道は一つ、私たちの目的地も一つ、互いに向き合い熱い決意を共有した時間、地区長たちは真の父母様に感謝と決意の心情捧げました。」

・三位基台を形成して下さり、互いに精誠を捧げ互いが共感して、互いに疎通しながら共に進んでいけば、「世界の復帰がなされる」というそのみ言を胸に深く刻み、必ず神韓国として生まれ変わることができるよう、神霊と真理で武装して一生懸命がんばります。(朱鎭台・神韓国家庭連合副会長・1地区地区長)

・1つの国を任されたそのようなつもりで、決意を持って必ず2020年VISON2020を勝利する決意で頑張ります。(小藤田喜文 神日本家庭連合・3地区地区長)

・指導者たちが先に神氏族メシヤ活動の先頭に立ち、食口たちを激励すれば、私たちは、国を変化させることができ、真の天一国をなすことができると信じます。(ラリー・クリスネック・神アメリカ家庭連合・5地区地区長)

・実体聖霊の役事の中でビジョン2020に背水の陣を敷き、真の父母様のみ言とおり、中断なき前進を通して、私たち5地区が先頭地区となって、天のみ旨の前に、忠誠を果たす地区となります。(パク・ヨンベ・神韓国家庭連合副会長・5地区地区長)

・2017年には、私たちには奇跡が起き、また起きずっと起き続けました。今年一年がどのように繰り広げられるか期待しています。あらゆることが可能であると信じています。(ジョン・ジャクソン 神アメリカ家庭連合4地区・地区長)

お母様と一つになっていけば、間違いなく奇跡が起こるというその信仰を持って新しい任地で必ず勝利することを決意します。真のお母様!もう一度決意し集中していきます。ありがとうございました!(金満辰 神日本家庭連合4地区・地区長)

VISON2020勝利に向けた戊戌の年の祝福が、真の父母様の新たな創造と共に、全世界の希望として輝いた新しい朝、天地人真の父母様と一つとなり、国家の復帰の高地に向かって総進軍することを誓った天一国指導者たちの力強い決意が、VISON2020勝利を引き寄せることでしょう。」

sidousya1.jpg

ぜひ、2018年、三男様に感謝と決意をしているFPA幹部を見てみたい。
FPA公式サイトにアップをお願いします。
その前に、2017年12月2日FPA創設大会と12月3日FPA祝勝会の内容からアップをお願いします。

いつも応援ありがとうございます。
【家庭連合】のボタンを押すと幸せが訪れます!

左のボタンです。

665544311.jpg

【拍手】のボタンもお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。