FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「FPA会員向けの資料」を削除しても、時すでに遅し!

今日は「FPA会員向けの資料を削除しても時すでに遅し!」と題して書きたい。

私は以前、「家庭平和協会の『真実』を知る推薦図書とは?」という記事を書いた。

「顯進様の真実」というサイトに次のように掲載されていた。

統一教会の分裂推薦書(引用リンク

今日、久しぶりにサイトを訪問したら次のように書かれていた。

修正1

※FPAからクレームが届いたので、修正しました。・推薦実績がないのに、勝手に『FPA推薦』と表記されていた部分を削除。・FPA会員向けの資料を削除」(引用リンク

現在はこちら↓
ima1.jpg
(引用リンク

情報はオープンにすればするほど、いろいろなことが判明する。気をつけることだね。

ところで、「FPAからクレーム」が届いたとあるが、どこからなんだろうね?
本家本元の韓国からだろうね。

さらに、「推薦実績がないのに、勝手に『FPA推薦』と表記されていた部分」の日本語の表現おかしくない? 私が見るには「表記されていた」ってなると、知らないうちに勝手に表記されていた、すなわち自分の意志とは関係なく表記されていたという意味に聞こえて仕方がない。

決してそんなはずはない。

HP作成者がFPA推薦図書だと思って、自分の意志で表記したはず。だから、その時は、「表記されていた」よりも「表記した」と訂正したほうがより正確に伝わる。

まあ、そんなことよりも、今日のお題は「FPA会員向けの資料を削除しても時すでに遅し!」である。

日本のFPA幹部は韓国のFPA幹部からこっ酷く叱られるだろうね。お気の毒様です。では、本題に入る。

※FPAからクレームが届いたので、修正しました。・FPA会員向けの資料を削除」(引用リンク

FPA会員向けの資料」とは「祝福子女家庭教育教材」である。
祝福子女家庭教育教材 (引用リンク

中身を見てみよう。次のように書かれている。

まずは、表紙。
祝福子女家庭教育教材3

次は、目次。

祝福子女家庭教育教材4

次は、最後のページ。
祝福子女家庭教育教材2

著者:FPA 本部家庭教育局

これを見る限り、「FPAからクレームが届いた」のは「FPA本部」からであり、韓国なのかアメリカなのか?と推測できる。しかし、HP上には著者:韓国祝福家庭と書かれていたので、「韓国FPA」からのクレームであったと見ている。

どうですか?FPA-JAPANの幹部の方々!

まあ、資料をしっかり、読ませていただきました。無料でのご提供ありがとう。

貴重な資料提供ありがとうございました。

今後もどんどん、FPAーJAPANから情報発信や資料提供を願っています。頑張ってくださいね。

最後に、資料はこちらからどうぞ。→(こちら

では、

いつも応援ありがとうございます。
【家庭連合】のボタンを押すと幸せが訪れます!

左のボタンです。

665544311.jpg

【拍手】のボタンもお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。