FC2ブログ

Entries

長男の「お嫁様」は今……

今日は「長男のお嫁様は今・・・・」何をしているのか?

このテーマで書くことにする。

まず、真のご家庭の「長男」は誰なのか?

長男:文孝進様
1962年(天暦)12月3日ご誕生
2018年の陽暦でのお誕生日は1月19日(金)
(参照リンク

三男:文顯進様
1969年(天暦)4月10日ご誕生
2018年の陽暦でのお誕生日は5月24日(木)
今年は49歳のお誕生日を迎えられる。
(参照リンク

しかし、ここ最近、文顯進様が「私は長男です」と述べられている動画を発見した。

私は三男です」なら、分かるが「私は長男です」となると、きちんと訂正しておかなければならない衝動に駆られてしまい、記事にしてしまった。

ちなみに、証拠の写真がこちら↓

長男
(参照リンク

三男派のHPでも文顯進様を「三男」だと引用している記事に対して、何も異議を唱えていない。下記引用する。

真の父母様の三男であられる文顕進様」(参照リンク

やはり、「私は長男です」は誤りであり、「私は三男です」が正しいのでは思うのは私だけだろうか?

私は「文孝進様」が「長男」であると思う。

では、真のご家庭の長男の「お嫁様」は誰なのか?

長男の嫁
(参照リンク

長男のお嫁様は「文妍娥様」である。

文妍娥様は2015年頃に次のように語られた。

真の父母様を「知れば」、「信じる」必要がありません

すなわち、真の父母様を「知る」ことの重要性を述べておられるのである。
知ることで、「信じる」次元を超え、「侍る」生活へと進むのである。
では、どのようにして、真の父母様を正しく「知る」ことができるであろうか?

真の父母様の実体を通して
真の父母様のみ言を通して
真の父母様の歩みを通して

正しく、「知る」ことで真の父母様を「侍る」生活へと進むことができる。

文孝進様は2008年3月17日にご聖和された。
真のお父様もご聖和された。

霊界では真のお父様と「孝進様」が一つになって役事され、歩まれている。

地上では真のお母様と「妍娥様」が一つになって役事され、歩まれている。

天一国5年天歴11月11日、2017年(陽暦)12月28日の年末、「長男のお嫁様は」台湾に行かれ、台湾の指導者や祝福家庭にメッセージを伝え、台湾は大きく復興している。

長男の嫁4


ピースTVの週刊ブリーフィングの説明をディクテーションしてみた。下記引用する。

台湾の指導者と食口たちは真のご家庭の文姸娥様をお迎えし、真の父母様のみ旨と心情を相続する恵みの時間を持ちました。

文姸娥様は国家の復帰の為に摂理を展開される真の父母様の切なる心情と祝福家庭と人類に対する深い愛を伝えながら、全体に深い感動を与えました。
また、地上にいかなる困難があっても、霊界がどのように役事するかを知られ、前進される真の父母様のように、人間の視点を超越して神霊と真理へ進んでいけば天の役事が起きることを伝え、全体を復興させました。

この日のみ言を通して、新年の目標と計画を立てた指導者たちと祝福家庭はVISON2020勝利に向かって、力強い第一歩を踏み出しました。


真のご家庭の「長男のお嫁様は今・・・・・」 真のお母様と一つになって、VISON2020勝利の為に一丸となって歩まれていた!

ちなみに、「三男のお嫁様は今・・・・」?である。

いつも応援ありがとうございます。
【家庭連合】のボタンを押すと幸せが訪れます!

左のボタンです。

665544311.jpg

【拍手】のボタンもお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。