FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

家庭平和協会の「真実」を知る推薦図書とは?

今日は、家庭平和協会(FPA)の「真実」を知ることができる推薦図書を紹介する。

三男派が運営しているHP「顯進様の真実」では、顕進様の真実を語る出版物として下記のように紹介していた。(参照リンク
統一教会の分裂推薦書

『統一教会の分裂』(FPA推薦)

料金:1900円  著者:金鍾奭(キム・ジョンソク)
発行:2016年/韓国メシア運動史研究所

本の紹介より:

参加観察と歴史学の方法で、統一教会の創始者・文鮮明の死亡を前後して1998年から2016年現在まで、統一教会で展開された分裂過程を研究した本

著者・金種奭(キム・ジョンソク)は、統一教会分裂の原因とその過程、結果はもちろんのこと、統一教会の未来についても展望している。読者は、この本を通して創始者のカリスマが最初に文顯進に伝授される過程で行われた出来事と、統一教会の分裂の中心に創始者の妻・韓鶴子とその家族がいたという事実を知ることになる」(参照リンク

しかし、真の父母様宣布文実行員会のサイトでは『統一教会の分裂』という書籍について、次のように述べている。下記に引用する。(参照リンク

韓国語版の『統一教会の分裂』では、み言を継ぎはぎすることによって〝み言改竄〟を行っており、その真意を歪曲させています。そして、さらに日本語訳では、その文章を自分たちに都合の良いように悪意を持って〝誤訳〟しています。
 この『統一教会の分裂』(日本語版)は、340ページに及ぶ書籍ですが、内容は読む者をして、真の父母様に対する信仰を失わせるように巧妙に仕組まれていることに注意しなければなりません。・・・・・要所、要所で〝み言改竄〟や〝誤訳〟をしており、真の父母様の実体、お父様のみ言と食い違っている点です。この書が述べている内容は〝虚偽のストーリー〟です。
 また、総論的な「韓鶴子の不従順」(245ページ)という項目では、お父様のみ言が18個も引用されていますが、マルスム選集の原典に当たってそれを検証すると、全てのみ言が改竄されたものです。
 この改竄行為は、真の父母様をおとしめるものであり、多くの人々の判断を誤らせる歴史的な〝瀆神行為〟であると言わざるをえません。
」(参照リンク

家庭平和協会(FPA)推薦図書である『統一教会の分裂』の内容が「み言改ざん」「真意の歪曲」によって綴られた書物であり、「虚偽のストーリー」であるならば、三男様の真実も「虚偽のストーリー」とならざるを得ないのである。

三男派のHPで「顕進様の真実を語る出版物」として『統一教会の分裂』がFPA推薦図書であるからだ。

もう一度整理してみる。

顕進様の真実を語る出版物」=『統一教会の分裂』=「虚偽のストーリー

顯進様の真実」=「虚偽のストーリー

上記のようになってしまうのである。

もし、『統一教会の分裂』が「虚偽のストーリー」でないならば、次に紹介する動画の内容の誤りを指摘すべきである。



私は『統一教会の分裂』の書籍の内容は「虚偽のストーリー」であると理解している!


いつも応援ありがとうございます。
【家庭連合】のボタンを押すと幸せが訪れます!

左のボタンです。

665544311.jpg

【拍手】のボタンもお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

☆ 分派活動状況 ☆

☆分派(UCI・FPA)ブログ一覧☆ ★師観 ★kimich  ★cocoa ★パシセラ  ★コスモス ★HOPE  ★ヨンギ ★経典の秘密  ★評議会 ★日本人家庭教会 ★預言者mebiusu  ★ある先輩家庭 ★tomutmud  ★今日の訓読のみ言 ★文顕進様有志会  ★原理を愛した方 ★その他

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。