FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「メシヤ」とはどのような存在か?の誤り

FPA‐JAPAN副会長の個人的ブログ「神と共に生きる真なる息子娘として」は誤った原理的説明がほとんどである。今日は、「1.メシヤとはどのような存在か?」で語られた内容が非原理的主張だということを伝えておく。



彼の動画の2分51秒~3分14秒に次のように述べられている。書き出して下記に引用する。

まず、お父様に対する原理的理解ですね。お父様、メシヤとはどういうお方なのか。原理的に考えていきたいと思います。メシヤとは神の願いに生き、神様の夢、神様の創造目的を成そうとする、成す方ですよね。

彼は「メシヤ」とは、原理的に「神の願いに生きる方」「神の夢をなす方」「神様の創造目的を成す方」と定義している。

メシヤの原理定義をそのように聞いたのは初めてである。

一般の辞書、またはネット辞書を「メシヤ」で調べても、上記の内容では説明がなされていない。

ちなみに、GOOの辞書でメシヤ・メシアを調べてみた。すると次のような意味だと説明されていた。下記引用する。

《ヘブライ語で、聖油を注がれた者の意。「メシヤ」とも》旧約聖書では、超人間的な英知と能力をもってイスラエルを治める王をいい、新約聖書では、イエス=キリストをさす。救世主。メサイア。(関連リンク

一般的には、「メシヤ」とは、ヘブライ語で、「聖油を注がれた者の意」であり、旧約聖書では、「イスラエルを治める王」をいい、新約聖書では、「イエス=キリスト」をさす。または、救世主のことである。

講師はむやみやたらに、原理的などという言葉を軽々しく使ってはならない。調べない人間は、講師の言葉を全て盲目的に信じてしまって、洗脳されてしまうのである。

ちなみに、原理講論では「メシヤ」とはどのように定義しているのか調べてみることにする。

原理講論の第四章 メシヤの降臨とその再臨の目的に次のように書かれている。引用する。

メシヤという言葉は、ヘブライ語で油を注がれた人を意味するが、特に王を意味する言葉である。イスラエル選民は彼らの預言者たちの預言によって、将来イスラエルを救う救世主を、王として降臨させるという神のみ言を信じていた。これがすなわち、イスラエルのメシヤ思想である。このようなメシヤとして来られた方が、まさしくイエス・キリストであるが、このキリストという言葉は、メシヤと同じ意味のギリシャ語であって、普通、救世主という訳語が当てられている。」(関連リンク)

メシヤとは「王」を意味し、イスラエル選民は、将来イスラエルを救う救世主を、「王」として降臨させるという神のみ言を信じていたのである。メシヤとして来られた方が、まさしくイエス・キリストであった。イエス・キリストは「王」として降臨されたのであった。しかし、神のみ旨は完成されず、再臨主を迎えて、神様のみ旨を成就させるのである。

よって、再臨主も「メシヤ」として「王」の立場で再臨され、万王の王として勝利していく摂理が今日までの歩みであったと言える。

よって、FPAの日本の副会長が「メシヤ」とは、原理的に「神の願いに生きる方」「神の夢をなす方」「神様の創造目的を成す方」と定義することは誤った原理的説明であり、正しく原理的に「メシヤ」を定義するならば「ヘブライ語で油を注がれた人、特に王を意味する言葉」であり、「救世主」のことを言うのである。

ぜひ、原理的と語る前に、原理講論をきちんと読んで、理解してから説明することを提案する。

FPA(家庭平和協会)の非原理講義に騙されるな!


ブログ村の家庭連合のカテゴリーランキングに登録しています。
ぜひ、あなたの清き一票をお願いします。
いつも応援ありがとうございます。今後とも、頑張って情報発信していきますので、よろしくお願いします。

【家庭連合】という下のボタンを押してください。ありがとうございます。

左のボタンです。

665544311.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

☆ 分派活動状況 ☆

☆分派(UCI・FPA)ブログ一覧☆ ★師観 ★kimich  ★cocoa ★パシセラ  ★コスモス ★HOPE  ★ヨンギ ★経典の秘密  ★評議会 ★日本人家庭教会 ★預言者mebiusu  ★ある先輩家庭 ★tomutmud  ★今日の訓読のみ言 ★文顕進様有志会  ★原理を愛した方 ★その他

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。