FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

三男様の創設大会で流した涙はどんな思いが込められているのか?

12月2日(日)、韓国でFPA(家庭平和協会)の創設大会が盛大に催された。それにもかかわらず、大会後5日が過ぎようとしているのに、FPAの公式HPには一切、写真や記事がアップされない。ちなみに、FPA‐JAPANの公式HPはこちらだ。(関連リンク)忙しくて、アップできなかったという理由も述べることができるだろう。そういう理由であれば、人材不足の組織だと見られてしまう。または、問題発言がないかチェックするのに時間がかかるとなると、極めて怪しい団体となる。

何はともあれ、創設大会後、数日たったのにもかかわらず、公式HPに記事が上がっていないこと自体が異常事態だとしか思えない。社会団体が何をもって人類救済をするのであろうか?大きいことを成し遂げるためにも、まず、一番小さなことかもしれないが、情報発信というものにも気を配ったほうがいいだろう。そんな団体、信用されなくなってしまうだけでなく、どこの誰からも相手にされない団体とみなされてしまうものである。

FPA(家庭平和協会)なんて、誰も知らない団体なんだから、そっぽ向かれるのも時間の問題である。だから、この世で知名度が上がるためにも、注目を受けることが一番いいだろう。迫害を受けることが早道であろう。お父様も、迫害を受けながら、西大門刑務所生活をしながら新聞で報道されたりしながら、名前が広まっていった。悪名高き団体としてだったけど。しかし、それを通して、統一教会は韓国内だけでなく全世界に知れ渡るようになった。よって、さまざまな迫害も知名度アップにはもってこいかも知れない。

そういえば、米本氏のブログ記事 「文顯進派は裁判のことを語らなければならない! 」では、次のように述べていた。一部下記に引用する。

「最近寄せられた便りによれば、昨年12月末、アメリカの裁判所では、ムンヒョンOを被告としたUCI裁判の修正命令文が出たそうだ。内容は、UCI財団と関連子会社が2010年まで日本教会から寄付として受け取った全ての資産を凍結し、特にGPF(Global Peace Foundation)と他の団体への全ての寄付行為(直接、間接問わず)を禁ずるというものだ。
 つまりUCI財団は、2010年以降GPFや他の団体に寄付した全てのお金を返さなければならない。もし返さなければ違法寄付に該当し、資金横領に該当する、という事だ。ますます裁判が3男派の首を締めている。
 最近、ギムギO米国総会長が世界副会長に任命されたのは、韓国の便りによると、米国UCI裁判で家庭連合の代表として出席するための準備作業だと。3男派は裁判に基づく刑事的処罰を免れなくなり、裁判所命令によってGPFや他の団体へ隠匿した資金を回収する必要があるので、さらに資金難に陥るとみられる。
 今後、UCI財団の資金難を解消するために、新たに作られた「家庭平和協会」も日本祝福家庭にもっと接近して献金を強要するとみられる。日本の食口達を金ヅルと見ている3男派に対する注意が必要である。」(ここまで引用)

三男派は裁判の基づく刑事的処罰」を免れなくなる=「監獄行き」を免れなくなる

ということは、「監獄生活」を通して、FPA(家庭平和協会)の名前は全世界に広がり、有名になるということである。

まさしく、お父様も西大門刑務所で「監獄生活」を通して、統一教会の名前は韓国に広がり、有名になったのと同じである。

しかし、FPAの幹部たちは、有罪での「監獄生活」であって、真のお父様は無罪での「監獄生活」であった。

無罪と有罪では天地の差だということを知らなければならない。

ところで、三男派FPA所属のブロガー「yeonggi和尚」は創設大会に参加した模様である。記事「創立記念式典に参加して 」に次のように書かれていた。下記に引用する。

顕進ニムは泣いていた。わたしも泣いた。

創設大会で創始者である三男様は泣いていたらしい。その涙は一体、何を意味したものなのか?

三男派曰く、桜井長男の声明文には次のように書いていた。(関連リンク
「『お母様を守らなければならない』と語る指導者たちの孝情よりも、悲痛な心情で『お母様を“勝利されたお母様”として立てて差し上げなければならない!』と涙される顕進様」の姿だったのか?

または、私が以前書いた記事「貴乃花親方「協会クーデター」も不発に、FPA創設者も同じか?」に書いたように、、「『ソクチョ事件』で、お父様の三男様に対する指示は「一年間、公的な活動を休んで、原理を勉強しなさい」「お父様のそばにいなさい」であり、その指示に対して三男様は「クーデター」だととらえているのである。」この公的立場をはく奪された悔しさゆえの涙だったのか?

または、UCI裁判で不利な状況であることに対する失望の涙だったのか?

ぜひ、記念すべき創設大会の設立者のメッセージのすべてを“YOUTUBE”にアップしてほしいものである。

それでもってのみ、創設大会で流した三男様の涙の真実を確認することができるからだ。

三男様の創設大会で流した涙はどんな思いが込められているのか?謎に包まれている。

ブログ村の家庭連合のカテゴリーランキングに登録しています。
ぜひ、あなたの清き一票をお願いします。
いつも応援ありがとうございます。今後とも、頑張って情報発信していきますので、よろしくお願いします。

【家庭連合】という下のボタンを押してください。ありがとうございます。

左のボタンです。

665544311.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

☆ 分派活動状況 ☆

☆分派(UCI・FPA)ブログ一覧☆ ★師観 ★kimich  ★cocoa ★パシセラ  ★コスモス ★HOPE  ★ヨンギ ★経典の秘密  ★評議会 ★日本人家庭教会 ★預言者mebiusu  ★ある先輩家庭 ★tomutmud  ★今日の訓読のみ言 ★文顕進様有志会  ★原理を愛した方 ★その他

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。