FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

桜井長男は反キリスト運動の現代復刻版であった!

桜井長男のブログの記事「家庭連合、3つの危機①」を読む限り、彼はイエスが十字架で亡くなった以後の反キリスト運動を起こした者たちに見えて仕方がない。

まず、彼のブログから引用する。

お母様が・・・無原罪誕生という内容は、お父様の本来の教えとは異なる内容。血統転換の歴史は、どこまでも、「本然のアダム」を地上に誕生させるための歴史でした。そのアダムの相対として「復帰」されたエバの立場が、真のお母様の立場

彼の主張では、真のお母様は「無原罪誕生」ではなく、お父様によって「復帰」されたエバの立場で、真のお母様であると主張する。

メシヤは「真の父母」として来られる。よって、真の父も真の母もメシヤである。メシヤとは神様の真の愛と生命と血統の根である。よって、真の父母様は神様の真の愛と生命と血統の根であると言える。

そう見ていくと、真の父母様とは堕落以前の立場、すなわち、無原罪で誕生された「アダム」と「エバ」の立場である。

2000年前に無原罪として肉身をもって誕生されたイエスは十字架で亡くなられた。

原理講論p546では、次のように述べている。(関連リンク

ダニエル書に「わたしはまた夜の 幻 のうちに見ていると、見よ、人の子のような者が、天の雲に乗ってきて」(ダニエル七・13)と記録されているみ言により、メシヤが雲に乗って降臨されるかもしれないと信ずる信徒たちもいたであろうということは、推測するに難くないのである。それゆえに、イエスが十字架で亡くなられたのちにおいても、ユダヤ人たちの中には、地上で肉身をもって生まれたイエスがメシヤになり得るはずはないと言って、反キリスト教運動を起こした者たちもいたのであった。それゆえに、使徒ヨハネは彼らを警告するために、「イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白しないで人を惑わす者が、多く世にはいってきたからである。そういう者は、惑わす者であり、反キリストである」(ヨハネ・7)と言って、肉身誕生をもって現れたイエスを否認する者たちを、反キリストと規定したのである。

結局、メシヤである真の父母様、特に真のお母様の「無原罪誕生」としての「独生女」を批判する桜井長男の行為そのものは、2000年前にユダヤ人たちが反キリスト教運動を起こした者たちと同じことをしているのである。

原理講論で『使徒ヨハネは彼らを警告するために、「イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白しないで人を惑わす者が、多く世にはいってきたからである。そういう者は、惑わす者であり、反キリストである」(ヨハネ・7)と言って、肉身誕生をもって現れたイエスを否認する者たちを、反キリストと規定した』ように、聖霊の実体として、肉身をもって無原罪で誕生した真のお母様を否認する者たちを、家庭連合では「分派」と規定したと同じことである。

歴史の同時性を感じてしまう。

なぜ、そのようなことが起きてしまうのか?

原理講論p562では次のように述べている。(関連リンク

解釈する者に、みな相異なる観点を立てさせるような結果・・・・。教派が分裂していくその主要な原因は、実にここにある。・・・観点をどこにおくかということが、最も重要な問題である

彼の観点は、家庭連合から平和家庭協会へとパラダイムシフトされた観点で主張しているのである。

彼のブログの主張には主流である真の父母様の観点で述べているのではないということをはっきり知らなければならない。


ブログ村の家庭連合のカテゴリーランキングに登録しています。
ぜひ、あなたの清き一票をお願いします。
いつも応援ありがとうございます。今後とも、頑張って情報発信していきますので、よろしくお願いします。

【家庭連合】という下のボタンを押してください。ありがとうございます。

左のボタンです。

665544311.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

☆ 分派活動状況 ☆

☆分派(UCI・FPA)ブログ一覧☆ ★師観 ★kimich  ★cocoa ★パシセラ  ★コスモス ★HOPE  ★ヨンギ ★経典の秘密  ★評議会 ★日本人家庭教会 ★預言者mebiusu  ★ある先輩家庭 ★tomutmud  ★今日の訓読のみ言 ★文顕進様有志会  ★原理を愛した方 ★その他

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。