FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

名門本山家の元祖オヤジは「神山講演会」で毒された!

777家庭の元祖○山オヤジが「神山講演会」の代表世話人として引き受けてしまったがゆえに、どんどん闇の世界へと引っ張られて行った。

その世界へ引っ張った張本人は、「「名門本山家」の『オヤジ』を落としたのは「誰」だ?」の記事で述べたように、777双の「東森氏」であった。(関連リンク

2011年1月2日の愛勝日でも、お父様は日本人食口に対して、「神山が先生に侍ることができず、先生を忘れてしまった。・・・なぜ、先生について行って、郭ジョンファンについていって、誰だ、顯進について行って、全部父母様の代わり、全淑の名前がよいからといってついて行った。それ、したのしてないの?したのしてないの?・・・神山の話を聞いてはいけない。聞くの聞かないの。神山、立ちなさい。私が話した話を聞くの、聞かないの。私が今日、あなたが話す内容、私(神山)の話よりも先生の話を聞きなさいと言いなさい。出来ないの出来るの。」と神山氏に対する忠告を日本人食口に名節の行事で語られた。その映像もしっかり残っている。(関連リンク

以前、私が「神山会長に関する真実」という記事で、ボート会議で語られたみ言を掲載した。それは、2010年7月16日の出来事であった。(関連リンク

お父様は、神山氏が三男や郭氏に対する思いを分別できずに、お父様を何とか説得しようと必死になってボート会議でも訴えておられた姿が生々しく映るのである。

そのような姿を見られながら、2011年1月2日には、今後、日本に前もって忠告すべき内だということを教えてくださったのであろう。露骨に、「日本人は神山の話を聞いてはいけない」と言われるほどであるからだ。

その時は、なぜそのようなみ言を語られたのかはわからなかった。しかし、時間が過ぎていけばいくほど、お父様がなぜそのように語られたのかが次第に分かってきたのである。

2014年6月18日に韓国プサンで「神山威元会長の講演会」が開催された。郭ジョンファン氏と桜井正実氏が中心となって神山氏の講演会を準備した。(関連リンク

神山氏の講演会では主に「天一国経典『天聖教』の批判」「真のお母様に対する批判」「後継者問題などの自説」である。その講演会を通じて、教会員の一体化を損ねる活動を行っていたのである。

神山威氏の講演内容の誤りについて」、の動画がYOUTUBEにアップされていたので、必見である。



残念ながら、777家庭の○山オヤジは「神山講演会」で語られた内容を真実だと受け入れてしまったがゆえに、三男派にパラダイムシフトされてしまった。それゆえの、過激な発言へと、どんどん狂暴化していき、信仰者としての香りが彼のブログからは一切消えてしまったのである。残念である。

しかし、彼はそのことに気がついていない。せめて、家族だけは、「神山講演会」で主張していた誤りの真実を知って、オヤジを救い出さなければならないと個人的に考える次第だ。


ブログ村の家庭連合のカテゴリーランキングに登録しています。
ぜひ、あなたの清き一票をお願いします。
いつも応援ありがとうございます。今後とも、頑張って情報発信していきますので、よろしくお願いします。

【家庭連合】という下のボタンを押してください。ありがとうございます。

左のボタンです。

665544311.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

☆ 分派活動状況 ☆

☆分派(UCI・FPA)ブログ一覧☆ ★師観 ★kimich  ★cocoa ★パシセラ  ★コスモス ★HOPE  ★ヨンギ ★経典の秘密  ★評議会 ★日本人家庭教会 ★預言者mebiusu  ★ある先輩家庭 ★tomutmud  ★今日の訓読のみ言 ★文顕進様有志会  ★原理を愛した方 ★その他

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。