FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ジャイナ教系団体が「UPF」の平和活動を高評価!

最近、UPF(天宙平和連合)の世界的平和活動が各国で展開され、活発に活動しながら大きな成果を成し遂げている。

今回は、「ジャイナ教系団体がUPFリーダーを表彰」と題して、UPFの活動内容の記事あったのでお伝えする。

ブログ記事のネタを好む人たちは、あまり、本家本元の情報に接する機会も多くないと思うので、取り上げてみた。

下記は、その記事を書き出した。

111701.jpg

米国ニューヨークにあるメトロポリタン美術館で7月29日、マハトマ・ガンジーとその師匠との間の関係を描いた演劇公演が行われました。主催はジャイナ教系の団体「シュリマド・ラジチャンドラ・ミッション」。

「Yugpurush—Mahatma na Mahatma」(「マハトマのマハトマ」という意味)と題するこの劇は、英国の植民統治下にあった20世紀初頭のインドで、非暴力を訴えたガンジーの精神がいかにして起こったのかを描いており、ガンジーの師とされているジャイナ教の精神的指導者シュリマド・ラジチャンドラ師(1867~1901年)の生涯が紹介されています。

この公演終了後に、平和と非暴力のための活動を推進する有識者らに賞が贈られ、UPFインターナショナルから、トーマス・ウォルシュ議長およびタジ・ハマド副会長がそれぞれ受賞しました。

授賞セレモニー後には、ウォルシュ議長をはじめ、「シュリマド・ラジチャンドラ・ミッション」の創設者プジャ・グルデフシリ師、マハトマ・ガンジーの孫であるラジモハン・ガンジー氏、サイード・アクバルディン・インド国連大使などが記念スピーチを行い、行くべき道を示してくれる師を持つことの大切さや、非暴力の実践が平和促進にもたらす効果について強調しました。(記事リンク

111702.jpg


ブログ村の家庭連合のカテゴリーランキングに登録しています。
ぜひ、あなたの清き一票をお願いします。
いつも応援ありがとうございます。今後とも、頑張って情報発信していきますので、よろしくお願いします。

【家庭連合】という下のボタンを押してください。ありがとうございます。

左のボタンです。

665544311.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。