Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

三男派撃沈!日米主導の「インド・太平洋戦略」推進で

最近の日本での話題は日本政府が提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」である。(関連記事
今回、トランプ大統領が来日し、日米が「インド・太平洋戦略」に対して主導的役割を果たしていくことを確認した。そして、トランプ政権が目指すアジア政策の方向性を明確に打ち出す機会となったのが今回の大きな目玉であった。今後、日米が主導しながら会議(APEC)首脳会議や東アジアサミット(EAS)の場で議論を展開していく方向性である。(関連記事

そんな確固たる日米同盟を構築し、日本が提唱する「インド太平洋戦略」を日米主導で進めていくことが具体化されたことは覇権国家「中国」に対するアジア太平洋圏の防衛的戦略の主導的役割として日米同盟が主軸となって展開されるようになる。

そんな、日本にとってはトランプ大統領の訪日と通じて、その確固たる日米同盟の信頼関係構築の場となった。

しかし、お隣の韓国の大統領は日米で主導する「インド・太平洋戦略」に対しては、米国とは同意していないと11月9日に正式発表し、大統領府の金顕哲(キム・ヒョンチョル)経済補佐官は同日午前の記者懇談会で、「日本はインド・パシフィック(太平洋)ラインだと称して日本・オーストラリア・インド・米国をつなぐような外交的ラインを構築しようとしているが、我々はそこに編入される必要がない」と述べた。(関連記事)そのように発表した背景には「中国」に対する配慮からである。(関連記事

以前私が書いた記事「三男派ショック!櫻井○子氏が三男派支持層を痛烈批判!」で、櫻井氏が次のように述べていた。

韓国は日米韓の南方の三角(三カ国)同盟から脱しますと言ったんですよ。その後に、補佐官が説明したんです。南方三角同盟から脱して、北方三角同盟に移るということなんだと。北方三角とは南北朝鮮と中国のことなんです。」

現在の、文在寅政権は極左政権であり「日米韓の三か国同盟」を全くと言って重要視していない。とくに、日本に対しては韓国内の親日派を抹殺させるような政策を次々と打ち立てているのを見てもわかる。

実際に、米政府は11月7日の米韓首脳会談で「日米韓」の協力を求める異例の言及を行ったと11月12日の新聞で暴露されている。(関連記事

なぜ、私が三男派と関連がない記事を書くかのかと疑問を思うかもしれない。

しかし、最近聞こえてくる話では、三男派はインドを重要視していることを述べていたらしい。

実は、インド内で、三男派が影響力を行使できる隙間はこれっぽっちとも存在しないことを述べたいからである。三男派撃沈!である。

201704065E81111.jpg

家庭連合のカテゴリー1位の「いつも私のとなりに神さま【家庭連合会員のブログ】」で「(証し) お母様を国賓で迎えたい!!インドの奇跡、セネガル(アフリカ)の奇跡!」という記事に次のような内容が書かれている。引用する。

趙誠一(チョウ ソンイル)・世界宣教本部長が世界で起きている奇跡として、インドとアフリカの証を紹介しました。
 インドでは、6年前は1人の食口しかいませんでした。たくさんの迫害を受けた彼は、無実の罪で昨年投獄され、6か月の牢獄生活を余儀なくされました。しかし彼は、その牢獄生活の中で2人を伝道したそうです。出獄した彼は一所懸命に活動し、インドで影響力のある2人の国会議員を渉外しました。
 その2人の議員が昨年、ネパールでの世界平和国会議員連合(IAPP)創設大会に参加して感動し、11月の米国での大会にも参加。さらに今年2月、韓国でのIAPP設立総会に参加し、真の父母様の思想やお母様のお姿に大変感動したのです。
そして、インドでのIAPP創設のために尽力した結果、4月7日、国会議員124人が参加して創設大会が行われたのです。
1人の食口から始まり、2人の国会議員が124人の国会議員を動員して創設に至ったのです。まさにインドの奇跡です。


素晴らしい証である。

特に注目すべき内容は2017年4月7日にインドで「世界平和国会議員連合(IAPP)創設大会」を行い、インドの国会議員124人が参加したということであった。

その時の映像報道が週刊ブリーフィングにあるので、見てほしい。映像の7分46秒~8分52秒である。


週刊ブリーフィング (2017年 4月22日) from PeaceTV on Vimeo.



ナレーションを書き出してみた。

indo11.jpg

世界平和国会議員連合の国家単位の創設大会がアジア大陸インドで開催されました。インドの大統領と総理が歓迎する中で、国家の公式エンブレムをかけて国会で行われた創設大会では、インドの現職国会議員約120名を始めとし、アジア18カ国から国会議員と大使たちが参加しました。インド国会副議長の開会の辞で始まった創立式で文ヨナ会長は真の父母様を代身して基調演説を伝え、真の父母様の平和ビジョンを提示し、参加した国会議員たちは世界平和国会議員連合の活動に積極的に同参することを決意しました。 非政府機構としてインド憲政史上最も多くの現職国会議員たちが参加した今回の大会を通して、インドの指導者と食口達は確固たる信念と決意をもって進むことを決意しました。

indo12.jpg

一方、世界平和国会議員連合の指導者たちはインド大統領を訪問し、真の父母様の平和思想とビジョンを伝えました。

インドの大統領についてはこちら(関連記事

日米同盟を基軸とした「自由で開かれたインド太平洋戦略」は韓国の文在寅政権では難しい。すなわち、別の言葉で言えば、極左政権とべったりの三男派では難しいと言っているも同然の内容である。

11月11日の「2017韓半島の平和統一世界大会」で結束した保守派の韓国国会議員達が確固たる日韓米同盟を基軸とした「インド太平洋戦略」を推し進めていくならば、「韓半島の平和統一」は可能であろう。

日米が「インド・太平洋戦略」に対して主導的役割を果たしていくことを宣言し実行に移している今に至っては、三男派はすでに南北統一の主導権においても、インド戦略においても撃沈状態であるのだ。

すでに、真のお母様を中心とした家庭連合はインドの大統領を始め、現職国会議員120名に真の父母の平和思想を述べ伝えている段階に来ているということをしらなければならない。

これは、すべて真実であり、事実である。いつになったら、三男派は真のお母様の価値に気付くのであろうか?
全くと言って残念無念で仕方がない。とほほである。

ブログ村の家庭連合のカテゴリーランキングに登録しています。
ぜひ、あなたの清き一票をお願いします。
いつも応援ありがとうございます。今後とも、頑張って情報発信していきますので、よろしくお願いします。

【家庭連合】という下のボタンを押してください。ありがとうございます。

左のボタンです。

665544311.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

☆ 分派活動状況 ☆

☆分派(UCI・FPA)ブログ一覧☆ ★師観 ★kimich  ★cocoa ★パシセラ  ★コスモス ★HOPE  ★ヨンギ ★経典の秘密  ★評議会 ★日本人家庭教会 ★預言者mebiusu  ★ある先輩家庭 ★tomutmud  ★今日の訓読のみ言 ★文顕進様有志会  ★原理を愛した方 ★その他

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。