FC2ブログ

Entries

三男派イベント「平和 2017」で挨拶した議員は誰?

2017年10月14日に韓国ソウル広場で「平和 2017」統一博覧会が開催された。主催団体は三男派の「統一を実践する人々」である。

dantai.jpg


神様のみ旨からみても、南北統一は世界平和へと切り開く重要な摂理的内容がある。よって、国民全体に韓半島統一に対する啓蒙や教育をすることはとても重要である。

ただし、韓半島には韓国と北朝鮮に民主と共産というように二つの対立しあったイデオロギー闘争が韓国内でも存在している。すなわち、左翼勢力と右翼勢力である。右翼と書くと、少し誤解を与えかねないので、別の言葉で述べることにする。日本国内で言えば、立憲民進党や社会党、共産党など「反米」を支持する団体が存在し、自民党などをはじめ「親米」派を支持する団体が存在する。

韓国内では、絶えず、この二つのイデオロギー闘争が絶えない国である。

では、10月14日に三男派のイベントに挨拶をした議員2名がいるが、どちらのイデオロギーを持っている人物たちであるのか?

まずは、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官が記念の辞を述べている。(関連サイト

touitubu.jpg

10月31日のニュースで対北朝鮮に対して統一部長官のコメントが掲載されていた。(関連サイト
『南北対話に関し「意味のある対話の水準まではいっていないが、意味ある対話の水準にするために多角的な努力をしている」』と述べた。
『北朝鮮への特使派遣の可能性については、「北の核問題や南北対話の再開に取り組む上で北への特使が必要な状況と条件になれば、政府は迷わず特使を派遣する用意がある」』と答えた。

『北朝鮮問題について「韓国政府と米国は北の非核化を目標とするが、非核化そのものに対する意志が確認されれば、その前であっても北と対話や交渉が可能だとみている」』と述べた。(関連サイト

趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官とはどういう人物なのか?

『2000年には金大中(キム・デジュン)大統領と金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の南北首脳会談に関わり、02年7月から04年2月まで統一部の交流協力局局長を務めた。さらにその後、統一部開城工団事業支援団団長(04年10月~06年2月)を務めるなど、南北交流協力の実務に深く関わった人物である。そして、06年2月から08年2月まで、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下で青瓦台(大統領府)入り。大統領秘書室安保政策秘書官の要職に就き、07年10月の南北首脳会談の実現に大きく貢献し、首脳会談にも同席した。だが、南北交流に深く関わった経歴のため、2008年2月に北朝鮮に対し強硬な態度を取る李明博政権が発足すると一転して「干され」、同年10月、統一部を退職した。』(関連リンク

趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官の思想的背景は文在寅大統領と同じ「反日」「反米」「親北」を背景とした左翼系の人物だと読み取れることができる。

また、10月14日のイベントで朴元淳ソウル市長が挨拶を述べた。(関連サイト

sicyou.jpg

朴元淳ソウル市長とはどういう人物で、どういう思想背景をもっているのか?

朴ソウル市長は「弁護士で、社会運動家である」そして「検事として、昭和天皇を10万人以上の韓国人女性を日本軍慰安婦として強制連行・虐待した罪で起訴した」人物でもある。そして、所属政党は「共に民主党」である。(関連リンク

朴市長も同様にバリバリの「反日」「反米」「親北」の左翼系議員である。

10月14日でのメイン行事での参加人数は下の写真ほどであった。

ninzuu.jpg

それほど会員も確保できていない市民団体にしては、まずまずの参加だったのかもしれない。実際は、市民団体の連合体として連携をとって、多くの人が本行事に参加すると思っていたが、動員すら難しい状況なのかと感じてしまった。

また、メイン行事横でのブースの様子が下記の写真である。

mitibata.jpg

もっと、人が賑わっている写真はなかったのか?この団体がどれほど対社会的に影響力のある団体なのかはわからないが、この記事を通して述べたいことはただ一つである。

三男派が運営している「統一を実践する人々」が支持する団体は左翼系の団体であり、「反米」「反日」「親北」を背景とした左翼思想系の政党である「共に民主党」が後押ししている団体であるということである。

三男派は「統一を実践する人々」の団体で「南北統一」を叫びながら「平和」を叫んでいるが、それに同調しながら三男派の団体をうまく利用している団体が、左翼系の政党や民間団体であるということである。

結局、三男派の団体はいつの間にか、左翼系の団体に「神輿を担がれてしまっている状況」であることにまだ、気付いていないようだ。

10月14日の「統一を実践する人々」のイベントを見ても、三男派は「左翼系の団体」と手を握っているという事実を発見できるのである。


ブログ村の家庭連合のカテゴリーランキングに登録しています。
ぜひ、あなたの清き一票をお願いします。
いつも応援ありがとうございます。今後とも、頑張って情報発信していきますので、よろしくお願いします。

【家庭連合】という下のボタンを押してください。ありがとうございます。

左のボタンです。

665544311.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

Extra

最新記事

プロフィール

Author:分派侍JIN
分派侍JIN ただ今参上!家庭連合を惑わすブログ上での分派活動の動向を注視し、原理とみ言で正す!ただし、あくまでも私一個人の考えであり、活動日記である。家庭連合の本部とは一切関係がない。また、当ブログの情報により読者に生じた損害など、程度を問わず一切責任を負わない。但し、誤った発言だと感じたり、発言が辛口だなと感じたときは、コメント欄にその旨を伝えてほしい。頂いたコメントを読んで、私が納得した時は素直に反省、謝罪し、記事の削除も行う。自分の発言に対してはどこまでも責任を持つ姿勢である。

※今まで頂いたコメントはすべて掲載させてもらった。しかし、最近、記事関連以外のコメントなどが多くなり、次のように変更する。基本的に、コメントはご自由にどうぞ。但し、今後(17年10月24日以降)頂いたコメントでブログに掲載可否の判断を行うようにする。場合によっては、コメントして頂いたが、掲載されない場合もある。ご了承願いたい。追加として、17年11月6日以降はコメントは受け取るが、当分の間公開しない。