FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C506] Re: タイトルなし

大変失礼いたしました。訂正いたします。
  • 2017-09-16 17:10
  • 分派侍JIN
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

タイムリミットが刻一刻と迫ってくる!

復帰摂理歴史の永遠なる汚点を残す家庭となるかのタイムリミットが近づいている。

いよいよ、FPA(家庭平和協会)が12月に韓国で創設大会を準備している。

それに伴って、ブログ村の家庭連合カテゴリーでFPA派のブログ”パシセラ”は「12月の初めまでに、祝福家庭が文顕進会長とつながるというのはとても大切」と訴えながら、「神様の家庭と主権に対して攻撃した立場に立った、統一教会に関連を持った方達です。他宗教の方達は、そのような立場には立っていません。主権に反逆するのは、この世でも一番重い罪」だと主張している。

そして、パシセラの重要なメッセージは「文顕進会長は、今年の12月の始めを区切りとして、新たな出発をします。その時までに、各自の立ち位置をはっきりさせなければならないこと、今まで開けていたドアが閉まるということ、統一教会に戻ることはなく、中間位置というのはなくなることなど、警告と受け止めることができる話を何度か繰り返している」と述べている。

パシセラという人物、以前、火の粉を払えのブログで「ミスタ-・フェイクマンは文顯進の直属の部下だった!-知ってた? 」で暴露されていた。

パシセラの人物については詳しくそちらで書いているので参照してほしい。

彼のブログはアメリカ産である。すなわち、三男の顕進氏が直属の上司というか、側近というか、そのような人物である。12月の大会に向けて、かなりの圧をかけてきている。

ぜひ、12月のはじめを区切りとして、ブログ村での活動もFPAのカテゴリーが新設されているので、そちらで大いに活動してほしいものである。

そのような中、日本在住のFPA派のブログ「ある先輩家庭の手紙」では、自分の息子達に公職の辞職願いをしているそうだ。

その記事は「第5弾/寝ても覚めても「D-Day」、聖和5周年行事が終わりました!m 」に書かれている。

南米のムーニスタ国家メシア家庭の長男はJ-CARP会長をしているそうだ。その次男は世界本部の教育局部長と述べている。

この記事を通して、ブログ主が誰だかはっきりしたし、息子達が誰の事かもはっきりした。

その、二人の息子に "辞職" を激しく強く迫ったそうだ。

家庭連合の公職を辞職し、FPAに再就職しろと迫ったのか?

基本的に、人間とは自分により利益になることしか動きはしない。となると、J-CARPの会長職や世界本部の教育局部長以上の役職を与えられ、なおかつ、給料がよく、待遇がいい条件でなければ、行くことないだろう。

というか、家庭連合に対してウソ偽りを述べる分派団体に、そもそも父親に説得されて行ったともなれば、彼らにとって光栄なことだろうか?

私から見たら、一生、笑われる恥ずべき行為としか見えない。彼らはそんなに状況判断できないような幼子ではないはず。

しかし、二者択一の時は刻一刻と迫っている。

家庭連合の信仰生活を行うのか、家庭連合を脱会し、FPAに入教するのかは本人たちの責任分担にかかっている。

今なら、迷える子羊である”南米のムーニスタ国家メシア家庭”を救い出すことができる。まだ、間に合う。

それが出来る唯一の人物は、”南米のムーニスタ国家メシア家庭”の息子たちなのかもしれない。

南米のムーニスタ国家メシア家庭の今後の行方がとても気になる今日この頃である。

南米のムーニスタ国家メシア家庭は12月以降、ブログ村のカテゴリーをFPAに移動させて活動するのかが見どころである。


ブログ村の家庭連合のカテゴリーランキングに登録しています。
ぜひ、あなたの清き一票をお願いします。
いつも応援ありがとうございます。今後とも、頑張って情報発信していきますので、よろしくお願いします。

【家庭連合】のボタンを押してください。ありがとうございます。

左のボタンです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C506] Re: タイトルなし

大変失礼いたしました。訂正いたします。
  • 2017-09-16 17:10
  • 分派侍JIN
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。