FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法廷闘争で7男様が危機

今日は「法廷闘争で7男様が危機」と題して書くことにする。

2019年2月28日、韓国のサンデージャーナルに「文鮮明7男の文亨進、母を相手に骨肉の争い、訴訟の顛末」と題して次のように述べている。

「文氏は訴訟状で『統一教の唯一の指導者である文鮮明総裁が2009年、私を後継者に指名し、2010年には文書でこれを宣布した。その後、統一教後継者の役割を遂行したが、去る2012年9月3日、父の逝去後、母である韓鶴子氏が一部側近らと共に統一教を掌握し、私を後継者の座から追いやった。私だけが唯一の統一教の指導者であり、韓鶴子氏は何の資格もない』として、連邦裁判所が『文亨進』が統一教の後継者であり、唯一の指導者であることを認定してほしい」(引用元:リンク)

このように、7男様は「私だけが唯一の統一教の後継者であり、指導者」であることを連邦裁判所に訴えた。その根拠は「文鮮明総裁が2009年、私を後継者に指名」し、「2010年には文書でこれを宣布」したからだという。それゆえ、7男様は「韓鶴子氏は何の資格もない」立場であることを主張する。果たしてそうだろうか?

この7男の主張は事実に反している。

2009年2月24日付の世界宣教本部の公文には次のようにある。

031101.jpg

「全ての組織は真の父母様の指示を受け、文亨進世界会長が総括する。あわせて、世界基督教統一神霊協会と世界平和統一家庭連合などの教会組織は、文亨進世界会長が主管し、天宙平和連合は文顯進世界議長が主管する」(引用元:リンク

2009年2月24日付の宣教本部の公文にあるように、当時の文亨進世界会長は「真の父母様の指示を受け」る立場であり、それによってすべての組織を総括する立場であった。ここで言う「真の父母様」とは、もちろん、文鮮明・韓鶴子総裁のお二人のことを指す。ゆえに、7男が主張する2009年当時、「韓鶴子氏は何の資格もない」立場であるというのは事実に反しており、文鮮明・韓鶴子総裁の下に世界会長という立場で7男様が父母様の代身として立っていただけに過ぎない。

7男様は2009年2月24付けの世界宣教本部の公文を忘れてしまっているらしい。

7男様は「私だけが唯一の統一教の後継者であり、指導者」であるというのは誤った主張である。いよいよ、裁判でその真実が明らかになるだろう。

三男派・七男派のブログ記事に騙されるな!

三男様共産系平和運動展開(参照はこちら
三男様団体は極めて危険な団体

いつも応援ありがとうございます。

【家庭連合】のボタンを押すと幸せが訪れます!
左のボタンです。

665544311.jpg
関連記事
スポンサーサイト

「暴力」という言葉の選択は正しいのか?

私は2月27日に、「暴力事件、それ本当ですか?」と題して、2月17日の騒動について記事を書いた。それに対して、fatherFさんは「『暴力事件、それ本当ですか?』の記事について」と題して次のように述べている。

「分派侍氏の記事の異様さは、暴力の悪質性についての言及が一切ないこと」(引用元:リンク

確かに、私が書いた2月27日の記事には「暴力の悪質性」については一切言及していない。
なぜならば、私は2月17日の出来事が「暴力」ではなく、「騒動」であったと述べたからである。

では、「暴力」という意味を辞書で調べてみることにする。次にように述べている。

「正当防衛のような場合,個人による実力の行使であっても,それは法の許容内と考えられ,暴力とは呼称されない」(引用元:リンク

まず、2月17日の「騒動」を振り返って見ることにする。澤田氏はブログで当時の様子を次のように述べている。

「この日、抗議活動を始めるとすぐに深谷某がカメラを奪おうとして私に襲いかかりました」(引用元:リンク

深谷某氏は澤田氏の「カメラを奪おう」と立ち向かったことがわかる。そして、映像の45秒から深谷氏は次のように澤田氏に述べている。

2019030300.jpg
(澤田氏のブログより引用)

「言葉の暴力をやめてください。教会員を守っている。早く帰りな」(引用元:リンク

深谷氏が澤田氏の「カメラを奪おう」とした目的は、澤田氏が発する〝言葉の暴力をやめさせる〟ためであり、〝教会員を守る〟ため、澤田氏を早く〝帰らせる〟ためである。それから少したって、再度、深谷氏が「カメラを奪おう」として、澤田氏と小競り合いをした。

2019030301.jpg
(澤田氏のブログより引用)

映像にも書かれているが、(深谷氏が)またカメラを奪いに来た」とある。そのときである。

澤田氏は「カメラを取るな。あ痛たたた」と叫んでいる。しかし、深谷氏が澤田氏を殴る蹴るという暴行は映像では見受けられない。つまり、澤田氏が手に持っていたカメラを、深谷氏が奪おうとして澤田氏に関節技をかけようとしたのではないかと推測できる。彼の記事にも、「体が後ろに倒れました。この時ブロック塀に後頭部を打ちました」とあるように、澤田氏がカメラを奪われないように抵抗したため、体が後ろに倒れてしまったのである。

深谷氏の行動は澤田氏による言葉の暴力をやめさせるため、教会員を守るためである。その為に澤田氏の「カメラを奪おう」とした。教会員を守るためにとった〝正当防衛〟とも言える。すなわち、どこまでも「個人による実力行使」であり、「法の許容内」の行動を深谷氏はとった。したがって、2月17日の「騒動」「暴力」ではない。

2019030302.jpg

だが、澤田氏は2月17日に「暴力」があったかのように、映像で「事件発生:2019.2.17 AM8:58」と記し、捏造している。極めて悪質である。

というわけで、私が書いた2月27日の記事に「暴力の悪質性についての言及が一切ない」のは、2月17日の出来事が「暴力ではなかった」からである。

言葉の選択を誤ってはならない。


三男派・七男派のブログ記事に騙されるな!

三男様共産系平和運動展開(参照はこちら
三男様団体は極めて危険な団体

いつも応援ありがとうございます。

【家庭連合】のボタンを押すと幸せが訪れます!
左のボタンです。

665544311.jpg
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。